KEGG   DRUG: アンピシリン水和物Help
エントリ  
D01251                      Drug                                   

一般名   
アンピシリン水和物 (JP17);
Ampicillin hydrate (JP17);
Ampicillin trihydrate
商品名   
米国の商品 
  後発品
組成式   
C16H19N3O4S. 3H2O
質量    
403.1413
分子量   
403.4506
構造式   
Mol fileKCF fileDB searchJmolKegDraw
Simcomp    SIMCOMP
クラス   
抗菌薬
 DG01710  βラクタム系抗生物質
  DG01713  ペニシリン骨格グループ
   DG01480  ペナム系抗生物質
 DG01780  広域型ペニシリン
コード   
薬効分類: 6131
ATCコード: J01CA01 S01AA19
Chemical グループ: DG00517
効能    
抗生物質, 細胞壁合成阻害薬
  疾患
淋菌感染症 [DS:H00315]
梅毒 [DS:H00354]
猩紅熱 [DS:H01515]
炭疽 [DS:H00328]
放線菌症 [DS:H01325]
コメント  
ペニシリン系βラクタム, 半合成ペニシリン
適応症: 表在性皮膚感染症, 深在性皮膚感染症, リンパ管・リンパ節炎, 慢性膿皮症, 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染, 乳腺炎, 骨髄炎, 咽頭・喉頭炎, 扁桃炎, 急性気管支炎, 肺炎, 肺膿瘍, 膿胸, 慢性呼吸器病変の二次感染, 膀胱炎, 腎盂腎炎, 淋菌感染症, 梅毒, 腹膜炎, 肝膿瘍, 感染性腸炎, 子宮内感染, 眼瞼膿瘍, 麦粒腫, 角膜炎(角膜潰瘍を含む), 中耳炎, 副鼻腔炎, 歯周組織炎, 歯冠周囲炎, 顎炎, 抜歯創・口腔手術創の二次感染, 猩紅熱, 炭疽, 放線菌症
ターゲット 
penicillin binding protein
  パスウェイ
ペプチドグリカンの生合成
相互作用  
Drug interaction
構造マップ 
ペニシリン系
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 6  病原生物に対する医薬品
  61  抗生物質製剤
   613  主としてグラム陽性・陰性菌に作用するもの
    6131  ペニシリン系抗生物質製剤;合成ペニシリン
     D01251  アンピシリン水和物 (JP17)
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 J 全身用抗感染薬
  J01 全身用抗菌薬
   J01C ベータラクタム系抗菌薬、ペニシリン
    J01CA ペニシリン、広域型
     J01CA01 アンピシリン
      D01251  アンピシリン水和物 (JP17)
 S 感覚器
  S01 眼科用薬
   S01A 抗感染薬
    S01AA 抗生物質
     S01AA19 アンピシリン
      D01251  アンピシリン水和物 (JP17)
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 抗菌薬
  ベータラクタム系抗生物質, ペニシリン
   アンピシリン
    D01251  アンピシリン水和物 (JP17)
抗感染症薬 [BR:jp08307]
 抗菌薬
  細胞壁合成阻害薬
   ペニシリン結合タンパク質阻害薬
    ペナム系抗生物質
     広域型ペニシリン
      アンピシリン
       D01251  アンピシリン水和物 (JP17)
日本薬局方収載医薬品 [BR:jp08311]
 化学薬品等
  D01251  アンピシリン水和物
抗菌薬 [jp08350.html]
 D01251
BRITE hierarchy
リンク   
CAS: 
7177-48-2
PubChem: 
ChEBI: 
ChEMBL: 
DrugBank: 
LigandBox: 
日化辞: 

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system