KEGG   DISEASE: 関節リウマチHelp
エントリ  
H00630                                                             

名称    
関節リウマチ;
Rheumatoid arthritis
概要    
関節リウマチ (RA) は、最初は慢性的な炎症性関節症として現れる、ありふれた自己免疫疾患である。持続性の滑膜炎が、軟骨の破壊、骨の侵食、関節周囲の脱灰を引き起こし、その結果関節の機能が損なわれる。特に 35歳から50歳の年齢層によく見られ、女性の方が男性に比べ3倍罹患率が高い。RA への罹り易さは遺伝子型により決定され、それには多くの遺伝子が関係している。“shared epitope” (SE) として知られる特色のある5つのアミノ酸の配列をコードする HLA DRB1 アリルの遺伝が、最も特徴的な遺伝子の危険因子となっている。SE アリルが RA の進展に関わるメカニズムはよくわかっていない。抗原を結合する溝の部分にこれらの保存された配列が存在すると、抗原性のペプチドの T 細胞リンパ球への結合のされ方、提示のされ方が変化するのではないかと仮定されている。そのことが、異常な免疫反応の発端となり、RA を引き起こすのかもしれない。
カテゴリ  
自己免疫疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 免疫系疾患
  アレルギーと自己免疫疾患
   H00630  関節リウマチ
ICD-10 による疾患分類 [BR:jp08403]
 13. 筋骨格系及び結合組織の疾患 (M00-M99)
  M05-M14  炎症性多発性関節障害
   M05  血清反応陽性関節リウマチ
    H00630  関節リウマチ
特定疾患 (難病) [jp08412.html]
 H00630
BRITE hierarchy
パスウェイ 
関節リウマチ
治療薬   
Prednisone [DR:D00473]
Methotrexate [DR:D00142]
Sulfasalazine [DR:D00448]
Leflunomide [DR:D00749]
Hydroxychloroquine sulfate [DR:D02114]
Minocycline [DR:D05045]
Tofacitinib [DR:D09970]
Etanercept [DR:D00742]
Infliximab [DR:D02598]
Adalimumab [DR:D02597]
Golimumab [DR:D04358]
Certolizumab pegol [DR:D03441]
Abatacept [DR:D03203]
Rituximab [DR:D02994]
Tocilizumab [DR:D02596]
リンク   
ICD-10: 
MeSH: 
文献    
PMID:27338350 (gene, drug)
  著者
Chung IM, Ketharnathan S, Thiruvengadam M, Rajakumar G
  タイトル
Rheumatoid Arthritis: The Stride from Research to Clinical Practice.
  雑誌
Int J Mol Sci 17 (2016)
文献    
(drug)
  著者
Papadakis MA and McPhee SJ |(ed)
  タイトル
Current Medical Diagnosis & Treatment 2015, Fifty-Fourth Edition
  雑誌
McGraw Hill Education
文献    
PMID:23998731 (drug)
  著者
Meier FM, Frerix M, Hermann W, Muller-Ladner U
  タイトル
Current immunotherapy in rheumatoid arthritis.
  雑誌
Immunotherapy 5:955-74 (2013)
文献    
PMID:22704962 (gene)
  著者
Boissier MC, Semerano L, Challal S, Saidenberg-Kermanac'h N, Falgarone G
  タイトル
Rheumatoid arthritis: from autoimmunity to synovitis and joint destruction.
  雑誌
J Autoimmun 39:222-8 (2012)

» English version

DBGET integrated database retrieval system