解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext ]
    

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
   G01 婦人科用抗感染薬と消毒薬
     G01A 抗感染薬と消毒薬、副腎皮質ステロイドとの配合を除く
       G01AA 抗生物質
         G01AA01 ナイスタチン
         G01AA02 ナタマイシン
         G01AA03 アムホテリシンB
         G01AA04 カンジシジン
         G01AA05 クロラムフェニコール
         G01AA06 ハチマイシン
         G01AA07 オキシテトラサイクリン
         G01AA08 カルフェシリン
         G01AA09 メパルトリシン
         G01AA10 クリンダマイシン
           D00277  クリンダマイシン
           D01073  クリンダマイシンリン酸エステル (JP16)
           D01990  塩酸パルミチン酸クリンダマイシン (JAN)
           D02132  クリンダマイシン塩酸塩 (JP16)
         G01AA11 ペンタマイシン
         G01AA51 ナイスタチン、配合
       G01AB ヒ素化合物
       G01AC キノリン誘導体
       G01AD 有機酸
       G01AE スルホンアミド
       G01AF イミダゾール誘導体
       G01AG トリアゾール誘導体
       G01AX その他の抗感染薬と消毒薬
     G01B 抗感染薬・消毒薬、副腎皮質ステロイドとの配合
   G02 その他の婦人科用薬
   G03 性ホルモンと生殖器系モジュレーター
   G04 泌尿器科用薬
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
 
 M 筋骨格系
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
 
 S 感覚器
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: July 7, 2014
According to WHO's ATC 2014
Japanese translation by the Kanehisa Laboratories

» English version