解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext | Download json ]
    

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
 
 M 筋骨格系
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
   R01 鼻用製剤
   R02 咽頭用製剤
   R03 閉塞性気道障害用薬
   R05 咳と感冒用製剤
   R06 全身用抗ヒスタミン薬
     R06A 全身用抗ヒスタミン薬
       R06AA アミノアルキルエーテル
       R06AB 置換アルキルアミン
         R06AB01 ブロムフェニラミン [dg:DG01097]
         R06AB02 デクスクロルフェニラミン [dg:DG01098]
         R06AB03 ジメチンデン [dg:DG00386]
           D07853  ジメチンデン
           D01343  マレイン酸ジメチンデン (JAN)
         R06AB04 クロルフェナミン [dg:DG01099]
         R06AB05 フェニラミン [dg:DG01100]
         R06AB06 デキスブロムフェニラミン
         R06AB07 タラスチン
         R06AB51 ブロムフェニラミン、配合
         R06AB52 デクスクロルフェニラミン、配合
         R06AB54 クロルフェナミン、配合
         R06AB56 デキスブロムフェニラミン、配合
       R06AC 置換エチレンジアミン
       R06AD フェノチアジン誘導体
       R06AE ピペラジン誘導体
       R06AK 抗ヒスタミン薬の配合
       R06AX その他の全身用抗ヒスタミン薬
   R07 その他の呼吸器系製剤
 
 S 感覚器
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: December 12, 2017
According to WHO's ATC 2018
Japanese translation by the Kanehisa Laboratories

» English version