KEGG   DRUG: オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビルHelp
エントリ  
D10745            Mixture   Drug                                   

一般名   
オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル;
Ombitasvir - paritaprevir -ritonavir mixt
商品名   
米国の商品 
成分    
(オムビタスビル水和物 [DR:D10598] | オムビタスビル [DR:D10576]), (パリタプレビル水和物 [DR:D10597] | パリタプレビル [DR:D10580]), リトナビル [DR:D00427]
コード   
薬効分類: 6250
ATCコード: J05AP53
商品: D10745<JP/US>
効能    
抗ウイルス薬
  疾患
C型慢性肝炎 [DS:H00413]
C型代償性肝硬変 [DS:H00413]
コメント  
パリタプレビルはP-gp、乳癌耐性蛋白(BCRP)、有機アニオントランスポーター(OATP1B1/1B3)の基質であり阻害剤である。
オムビタスビルはP糖蛋白(P-gp)の基質である。
リトナビルはP-gpの基質であり阻害剤である。またCYP3A4及びBCRPの阻害作用を有する。
代謝    
Enzyme: CYP3A4 [HSA:1576], CYP3A5 [HSA:1577]
Transporter: ABCB1 [HSA:5243], SLCO1B1 [HSA:10599], SLCO1B3 [HSA:28234], ABCG2 [HSA:9429]
相互作用  
CYP inhibition: CYP3A4 [HSA:1576]
Transporter inhibition: ABCB1 [HSA:5243], SLCO1B1 [HSA:10599], SLCO1B3 [HSA:28234], ABCG2 [HSA:9429]
Drug interaction
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 6  病原生物に対する医薬品
  62  化学療法剤
   625  抗ウイルス剤
    6250  抗ウイルス剤
     D10745  オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 J 全身用抗感染薬
  J05 全身用抗ウイルス薬
   J05A 直接作用型抗ウイルス薬
    J05AP HCV感染治療の抗ウイルス薬
     J05AP53 オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル
      D10745  オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル <JP/US>
抗感染症薬 [jp08350.html]
 抗ウイルス薬
  D10745
日本の新薬 [jp08318.html]
 新有効成分含有医薬品
  D10745
BRITE hierarchy
リンク   
PubChem: 254741706
ChEBI: 90919

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system