KEGG   DISEASE: コレラHelp
エントリ  
H00110                                                             

名称    
コレラ
概要    
コレラはコレラ菌(Vibrio cholerae)を病原体とする腸管感染症である。コレラ毒素を産生するコレラ菌のほとんどはO1血清型であるが、O139血清型も知られている。1817年以来これまでに7回コレラの世界的な流行があり、6回目まではインドから、1961の7回目はインドネシアから広がった。最後の流行はEl Torと名づけられたO1血清型の新しいバリアントによるもので、これは現在も続いている。O139血清型は1992年にインドで見いだされたが、世界的な流行には至っていない。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 細菌感染症
  その他のガンマプロテオバクテリアによる感染症
   H00110  コレラ
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Gastroenteritis or colitis of infectious origin
   Bacterial intestinal infections
    1A00  Cholera
     H00110  コレラ
感染症法による感染症分類 [jp08406.html]
 H00110
BRITE hierarchy
パスウェイ 
hsa05110  コレラ菌感染
病原体   
Vibrio cholerae O1 [GN:vch vcf vcs vce vcq vcj vci vco vcr vcm]
  モジュール
M00852  Vibrio cholerae pathogenicity signature, toxin coregulated pilus
M00850  Vibrio cholerae pathogenicity signature, cholera toxins
治療薬   
レボフロキサシン水和物 [DR:D00588]
ドキシサイクリン塩酸塩水和物 [DR:D02129]
リンク   
ICD-11: 1A00
ICD-10: A00
MeSH: D002771
MedlinePlus: 000303
文献    
PMID:7704895
  著者
Kaper JB, Morris JG Jr, Levine MM
  タイトル
Cholera.
  雑誌
Clin Microbiol Rev 8:48-86 (1995)
文献    
  著者
Mandal S, Mandal MD, Pal NK
  タイトル
Cholera: a great global concern.
  雑誌
Asian Pac J Trop Med 4:573-80 (2011)
DOI:10.1016/S1995-7645(11)60149-1

» English version

DBGET integrated database retrieval system