KEGG   DISEASE: リーシュマニア症
エントリ  
H00359                                                             

名称    
リーシュマニア症
概要    
リーシュマニア症は、特にアフリカ、南北アメリカ、アジアの発展途上国で、何百万人もの人々が罹患する昆虫媒介疾患である。リーシュマニア症は、リーシュマニア属の原虫寄生虫によって引き起こされ、サシチョウバエによりヒトに媒介される。ヒトにおいて、リーシュマニア感染は、皮膚リーシュマニア症 (CL)、粘膜皮膚リーシュマニア症 (MCL)、内臓リーシュマニア症/カラアザール (VL) を引き起こす。この疾患に対する効果的なワクチンはない。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 寄生虫感染症(原生生物)
  ユーグレノゾアによる感染症
   H00359  リーシュマニア症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Parasitic diseases
   Nonintestinal protozoal diseases
    1F54  Leishmaniasis
     H00359  リーシュマニア症
パスウェイ 
hsa05140  リーシュマニア症
病原体   
Leishmania major [GN:lma]
Leishmania infantum [GN:lif]
Leishmania mexicana MHOM/GT/2001/U1103 [GN:lmi]
Leishmania donovani [GN:ldo]
Leishmania braziliensis [GN:lbz]
Leishmania panamensis [GN:lpan]
治療薬   
アムホテリシンB [DR:D00203]
コメント  
Vector: Phlebotomus papatasi (sand fly)
リンク   
ICD-11: 1F54
ICD-10: B55
MeSH: D007896
MedlinePlus: 001386
文献    
  著者
Torres-Guerrero E, Quintanilla-Cedillo MR, Ruiz-Esmenjaud J, Arenas R
  タイトル
Leishmaniasis: a review.
  雑誌
F1000Res 6:750 (2017)
DOI:10.12688/f1000research.11120.1

» English version

DBGET integrated database retrieval system