KEGG   DISEASE: 類丹毒
エントリ  
H01315                                                             

名称    
類丹毒;
豚丹毒
概要    
豚丹毒菌 (Erysipelothrix rhusiopathiae) は非胞子形成性グラム陽性桿菌で、豚丹毒の病原体として同定された。ヒトへの感染は職業に関係があり、主として動物との接触の結果として起こり、主に畜産家、獣医師、屠畜場労働者などの職業で見られる。非職業性の症例は非常にまれである。ヒトの疾患には、類丹毒として知られる軽度の皮膚感染症、びまん性皮膚感染症、敗血症および心内膜炎を伴う重篤ではあるがまれな全身合併症の3種類が認められている。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 細菌感染症
  グラム陽性菌による感染症
   H01315  類丹毒
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Certain zoonotic bacterial diseases
   1B96  Erysipeloid
    H01315  類丹毒
病原体   
Erysipelothrix rhusiopathiae [GN:erh]
リンク   
ICD-11: 1B96
ICD-10: A26
MeSH: D004887 D013554
文献    
  著者
Veraldi S, Girgenti V, Dassoni F, Gianotti R
  タイトル
Erysipeloid: a review.
  雑誌
Clin Exp Dermatol 34:859-62 (2009)
DOI:10.1111/j.1365-2230.2009.03444.x
文献    
  著者
Wang Q, Chang BJ, Riley TV
  タイトル
Erysipelothrix rhusiopathiae.
  雑誌
Vet Microbiol 140:405-17 (2010)
DOI:10.1016/j.vetmic.2009.08.012
文献    
  著者
Brooke CJ, Riley TV
  タイトル
Erysipelothrix rhusiopathiae: bacteriology, epidemiology and clinical manifestations of an occupational pathogen.
  雑誌
J Med Microbiol 48:789-99 (1999)
DOI:10.1099/00222615-48-9-789
文献    
PMID:2680056
  著者
Reboli AC, Farrar WE
  タイトル
Erysipelothrix rhusiopathiae: an occupational pathogen.
  雑誌
Clin Microbiol Rev 2:354-9 (1989)
DOI:10.1128/cmr.2.4.354

» English version

DBGET integrated database retrieval system