KEGG   DISEASE: ドノヴァン症Help
エントリ  
H01415                                                             

名称    
ドノヴァン症;
鼠径部肉芽腫
概要    
慢性後天性で緩徐進行性の、伝染力の弱い病気であるドノヴァン症は、かつて Calymmatobacterium granulomatis と呼ばれていた Klebsiella granulomatis によって引き起こされる。この性感染症は生殖器とその隣接部位の肉芽腫性の潰瘍によって特徴付けられる。自然治癒により回復することはまれである。
カテゴリ  
感染症
階層分類  
感染症疾患 [BR:jp08401]
 細菌感染症
  エンテロバクテリアによる感染症
   H01415  ドノヴァン症
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 01 Certain infectious or parasitic diseases
  Predominantly sexually transmitted infections
   Sexually transmissible infections due to chlamydia
    1A91  Granuloma inguinale
     H01415  ドノヴァン症
BRITE hierarchy
病原体   
Klebsiella granulomatis
リンク   
ICD-11: 1A91
ICD-10: A58
MeSH: D006100
MedlinePlus: 000636
文献    
  著者
O'Farrell N
  タイトル
Donovanosis.
  雑誌
Sex Transm Infect 78:452-7 (2002)
DOI:10.1136/sti.78.6.392-a
文献    
  著者
Pilani A, Vora R, Anjaneyan G
  タイトル
Granuloma inguinale mimicking as squamous cell carcinoma of penis.
  雑誌
Indian J Sex Transm Dis 35:56-8 (2014)
DOI:10.4103/0253-7184.132433

» English version

DBGET integrated database retrieval system