KEGG   DISEASE: バージャー病
エントリ  
H01625                                                             

名称    
バージャー病;
ビュルガー病;
閉塞性血栓血管炎
  上位グループ
慢性動脈閉塞症 [DS:H01629]
概要    
バージャー病は、閉塞性血栓性血管炎とも呼ばれる非アテローム硬化性の炎症性疾患である。一般的に四肢の小・中規模の動脈静脈が影響を受ける。病気の主要な病因として喫煙が関係する。バージャー病は世界中で見られるが、中東と極東でより多く、典型的に45歳以下の男性の喫煙者に起こる。おそらくバージャー病が発生しやすい遺伝的素因が存在すると考えられているが、遺伝子は現在まで特定されていない。最も一般的に見られる症状は、影響を受けた手足の安静時疼痛と跛行である。他の症状として、低温に対する無感覚、末梢血管脈拍の減弱、チアノーゼ、皮膚萎縮、髪の成長減少などが含まれる。病気が進行すると、患者は虚血性潰瘍を生じ最終的に壊疽になる。病気の進行を防ぐ確実な治療法は禁煙である。血管拡張薬、ペントキシフィリン、シロスタゾールを用いた薬物治療は、痛みなく歩ける距離の伸長に役立つ可能性があるが、病気の進行を防止することはできない。血管再生や交感神経切除等の外科的療法は、末梢血流を増やして切断の確率を下げる。プロスタグランジン、ボセンタンおよび幹細胞治療を用いた新しい治療法が有望な結果を示している。
カテゴリ  
脈管疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 循環器系疾患
  脈管疾患
   H01625  バージャー病
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 04 Diseases of the immune system
  Nonorgan specific systemic autoimmune disorders
   4A44  Vasculitis
    H01625  バージャー病
特定疾患 (難病) [jp08407.html]
 H01625
環境要因  
Cigarette smoking
治療薬   
イソクスプリン塩酸塩 [DR:D01748]
ヘプロニカート [DR:D01882]
ニセリトロール [DR:D01754]
アルガトロバン水和物 [DR:D00181]
アルプロスタジル [DR:D00180]
アルプロスタジル アルファデクス [DR:D02705]
リマプロストアルファデクス [DR:D02860]
幼牛血液抽出物 [DR:D04372]
カリジノゲナーゼ [DR:D03330]
バトロキソビン [DR:D03352]
ベペルミノゲンペルプラスミド [DR:D09839]
リンク   
ICD-11: 4A44.8
ICD-10: I73.1
MeSH: D013919
OMIM: 211480
文献    
  著者
Rivera-Chavarria IJ, Brenes-Gutierrez JD
  タイトル
Thromboangiitis obliterans (Buerger's disease).
  雑誌
Ann Med Surg (Lond) 7:79-82 (2016)
DOI:10.1016/j.amsu.2016.03.028
文献    
  著者
Sinclair NR, Laub DR
  タイトル
Thromboangiitis Obliterans (Buerger's Disease).
  雑誌
Eplasty 15:ic22 (2015)
文献    
PMID:24102033 (drug)
  著者
Vijayakumar A, Tiwari R, Kumar Prabhuswamy V
  タイトル
Thromboangiitis Obliterans (Buerger's Disease)-Current Practices.
  雑誌
Int J Inflam 2013:156905 (2013)
DOI:10.1155/2013/156905

» English version

DBGET integrated database retrieval system