KEGG   DISEASE: 慢性閉塞性肺疾患 (COPD)Help
エントリ  
H01714                                                             

名称    
慢性閉塞性肺疾患 (COPD)
概要    
慢性閉塞性肺疾患 (COPD) は、慢性気管支炎と肺気腫を含む代表的な慢性炎症性肺疾患である。COPD は気道炎症と進行性の気流閉塞を特徴とし、最もよく見られる病因は喫煙である。患者が訴える主な症状は、咳、息切れ、痰である。COPD は、有害微粒子やガスへの慢性的な暴露に対する潜在的な炎症や、多くの合併症を伴う。COPD の発症は、通常60-80代である。早期発症 COPD (若年性肺気腫)は喫煙歴に関係なく50歳以下で発症すると定義される。早期に発症し重度の肺機能低下が見られる患者の存在は、人によって喫煙に対する遺伝的感受性が異なる可能性を示唆している。アルファ1-アンチトリプシン欠損は唯一証明された COPD の遺伝的危険因子である。肺機能を改善し急性憎悪を減らすため、気管支拡張剤は中心的な治療法である。持続性の症状がある患者の第一選択治療薬として、長時間作用性の吸入気管拡張剤が推奨されている。
カテゴリ  
肺疾患
階層分類  
ヒト疾患 [BR:jp08402]
 呼吸器系疾患
  肺疾患
   H01714  慢性閉塞性肺疾患 (COPD)
ICD-11 による疾患分類 [BR:jp08403]
 12 Diseases of the respiratory system
  Certain lower respiratory tract diseases
   CA22  Chronic obstructive pulmonary disease
    H01714  慢性閉塞性肺疾患 (COPD)
BRITE hierarchy
病因遺伝子 
SERPINA1 [HSA:5265] [KO:K03984]
HMOX1 [HSA:3162] [KO:K00510]
MMP1 [HSA:4312] [KO:K01388]
治療薬   
dl-イソプレナリン塩酸塩 [DR:D01390]
アミノフィリン水和物 [DR:D05429]
アセタゾラミド [DR:D00218]
アセタゾラミドナトリウム [DR:D01196]
アセチルシステイン [DR:D00221]
フドステイン [DR:D01845]
テオフィリン [DR:D00371]
フェノテロール臭化水素酸塩 [DR:D01428]
テルブタリン硫酸塩 [DR:D00688]
サルブタモール硫酸塩 [DR:D00683]
グリコピロニウム臭化物 [DR:D00540]
イプラトロピウム臭化物水和物 [DR:D02212]
ツロブテロール塩酸塩 [DR:D01362]
ツロブテロール [DR:D02151]
サルメテロールキシナホ酸塩 [DR:D00687]
ホルモテロールフマル酸塩水和物 [DR:D05277]
クレンブテロール塩酸塩 [DR:D01360]
プロカテロール塩酸塩水和物 [DR:D05366]
インダカテロールマレイン酸塩 [DR:D09319]
ウメクリジニウム臭化物・ビランテロール [DR:D10533]
グリコピロニウム臭化物・インダカテロールマレイン酸塩 [DR:D10505]
チオトロピウム・オロダテロール [DR:D10744]
グリコピロニウム臭化物・ホルモテロール [DR:D11036]
チオトロピウム臭化物水和物 [DR:D01929]
アクリジニウム臭化物 [DR:D08837]
ウメクリジニウム臭化物 [DR:D10181]
サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロピオン酸エステル [DR:D08699]
ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物 [DR:D09595]
フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ビランテロールトリフェニル酢酸塩 [DR:D10501]
フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム臭化物・ビランテロール [DR:D11035]
ブデソニド・グリコピロニウム臭化物・ホルモテロールフマル酸塩 [DR:D11584]
コメント  
See also H01103 Alpha-1-antitrypsin (A1AT) deficiency
リンク   
ICD-11: CA22
ICD-10: J43 J44
MeSH: D029424
OMIM: 606963
文献    
  著者
Smith J, Woodcock A
  タイトル
Cough and its importance in COPD.
  雑誌
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 1:305-14 (2006)
DOI:10.2147/copd.2006.1.3.305
文献    
  著者
Tsuchida T, Matsuse H, Nishino T, Kawano T, Fukushima C, Hayashi T, Kohno S
  タイトル
Pathologically confirmed, early-onset, severe chronic obstructive pulmonary disease.
  雑誌
Intern Med 51:3411-4 (2012)
DOI:10.2169/internalmedicine.51.8331
文献    
PMID:9620904
  著者
Silverman EK, Chapman HA, Drazen JM, Weiss ST, Rosner B, Campbell EJ, O'DONNELL WJ, Reilly JJ, Ginns L, Mentzer S, Wain J, Speizer FE
  タイトル
Genetic epidemiology of severe, early-onset chronic obstructive pulmonary disease. Risk to relatives for airflow obstruction and chronic bronchitis.
  雑誌
Am J Respir Crit Care Med 157:1770-8 (1998)
DOI:10.1164/ajrccm.157.6.9706014
文献    
  著者
Yamada N, Yamaya M, Okinaga S, Nakayama K, Sekizawa K, Shibahara S, Sasaki H
  タイトル
Microsatellite polymorphism in the heme oxygenase-1 gene promoter is associated with susceptibility to emphysema.
  雑誌
Am J Hum Genet 66:187-95 (2000)
DOI:10.1086/302729
文献    
  著者
Joos L, He JQ, Shepherdson MB, Connett JE, Anthonisen NR, Pare PD, Sandford AJ
  タイトル
The role of matrix metalloproteinase polymorphisms in the rate of decline in lung function.
  雑誌
Hum Mol Genet 11:569-76 (2002)
DOI:10.1093/hmg/11.5.569

» English version

DBGET integrated database retrieval system