KEGG   ENVIRON: ハンゲHelp
エントリ  
E00148                      Environ                                

名称    
ハンゲ (JP17)
半夏
bàn xià
Pinellia tuber (JP17)
カテゴリ  
生薬
成分    
3,4-ジヒドロキシベンズアルデヒド [CPD:C16700], L-エフェドリン [CPD:C01575], アルギニン [CPD:C00062], ベータ-シトステロール [CPD:C01753], パルミチン酸 [CPD:C00249], シュウ酸カルシウム [CPD:C17478], アミロース [CPD:C00718], グアノシン [CPD:C00387], コリン [CPD:C00114], L-ガラクツロン酸カルシウム [CPD:C17388], D-ガラクツロン酸カルシウム [CPD:C17477], シトグルシド [DR:D05848], ホモゲンチシン酸 [CPD:C00544], ベータ-シトステリル-ベータ-D-グルコシド, アラビノガラクツロナン, トリテルペノイド [CPD:C06085], D-グルコース [CPD:C00031], D-グルクロン酸 [CPD:C00191], ラムノース [CPD:C00507 C01684]
ソース   
Pinellia ternata [TAX:199225]
コード   
同一コード: D06778
コメント  
サトイモ科カラスビシャクの根茎
主要成分: ホモゲンチジン酸 [CPD:C00544]
階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 5  生薬及び漢方処方に基づく医薬品
  51  生薬
   510  生薬
    5100  生薬
     D06778  ハンゲ (JP17); 半夏; bàn xià
一般用医薬品の分類 [BR:jp08313]
 精神神経用薬
  06 鎮うん薬(乗物酔防止薬,つわり用薬を含む)
   D06778  ハンゲ (JP17)
 呼吸器官用薬
  26 鎮咳去痰薬
   D06778  ハンゲ (JP17)
 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
  80 生薬製剤(他の薬効群に属さない製剤)
   D06778  ハンゲ (JP17)
一般用医薬品のリスク区分 [BR:jp08312]
 第二類
  生薬及び動植物成分
   ハンゲ。ただし、外用剤(粘膜に使用する製剤を除く。)及び、1日量中ハンゲ0.6g以下を含有するものを除く。
    D06778  ハンゲ (JP17)
 第三類
  生薬及び動植物成分
   ハンゲ。ただし、外用剤(粘膜に使用する製剤を除く。)及び、1日量中ハンゲ0.6g以下を含有するものに限る。
    D06778  ハンゲ (JP17)
日本薬局方収載医薬品 [BR:jp08311]
 生薬等
  D06778  ハンゲ
漢方方剤と生薬 [BR:jp08304]
 生薬
  水薬
   鎮咳去痰薬
    D06778  半夏 (ハンゲ)
生薬 [BR:jp08305]
 単子葉植物
  サトイモ科
   D06778  ハンゲ (半夏)
BRITE hierarchy

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system