KEGG   DRUG: ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン
エントリ  
D10600            Mixture   Drug                                   

一般名   
ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン;
Dolutegravir, abacavir and lamivudine
商品名   
米国の商品 
成分    
(ドルテグラビルナトリウム [DR:D10113] | ドルテグラビル [DR:D10066]), アバカビル硫酸塩 [DR:D00891], ラミブジン [DR:D00353]
コード   
薬効分類: 6250
ATCコード: J05AR13
商品: D10600<JP/US>
効能    
抗ウイルス薬
  疾患
HIV感染症 [DS:H01563]
コメント  
ドルテグラビルは主にUGT1A1の基質であり、CYP3A4でもわずかに代謝される。
ドルテグラビルはOCT2及びMATE1を阻害する。
アバカビルは主にアルコールデヒドロゲナーゼ/アルデヒドデヒドロゲナーゼが関与し、UGT2B7でも代謝される。
ラミブジンはOCT2、MATE1及びMATE2-Kの基質である。
ターゲット 
HIV-1 reverse transcriptase [KO:K24802]
HIV-1 integrase [KO:K24803]
代謝    
Enzyme: UGT1A1 [HSA:54658], UGT2B7 [HSA:7364]; CYP3A4 [HSA:1576]
Transporter: SLC22A2 [HSA:6582], SLC47A1 [HSA:55244], SLC47A2 [HSA:146802]
相互作用  
Transporter inhibition: SLC22A2 [HSA:6582], SLC47A1 [HSA:55244]

階層分類  
医療用医薬品の薬効分類 [BR:jp08301]
 6  病原生物に対する医薬品
  62  化学療法剤
   625  抗ウイルス剤
    6250  抗ウイルス剤
     D10600  ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン
医療用医薬品のATC分類 [BR:jp08303]
 J 全身用抗感染薬
  J05 全身用抗ウイルス薬
   J05A 直接作用型抗ウイルス薬
    J05AR HIV感染治療の抗ウイルス薬、配合
     J05AR13 ラミブジン、アバカビル、ドルテグラビル
      D10600  ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン <JP/US>
医療用医薬品のUSP分類 [BR:jp08302]
 抗ウイルス薬
  抗HIV薬配合剤
   アバカビル・ドルテグラビル・ラミブジン
    D10600  ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン
抗微生物薬 [BR:jp08307]
 抗ウイルス薬
  ゲノム複製阻害薬
   HIVインテグラーゼ阻害薬
    D10600  ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン <JP/US>
薬物代謝酵素とトランスポーター [jp08309.html]
 薬物代謝酵素
  D10600
 薬物トランスポーター
  D10600
リンク   
PubChem: 254741562

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system