解剖治療化学分類 (ATC分類)

[ Brite menu | Download htext | Download json ]

1st Level  2nd Level  3rd Level  4th Level  5th Level  6th Level 

 A 消化管と代謝作用
 
 B 血液と造血器官
 
 C 循環器系
 
 D 皮膚科用薬
 
 G 泌尿生殖器系と性ホルモン
 
 H 全身ホルモン製剤、性ホルモンとインスリンを除く
 
 J 全身用抗感染薬
 
 L 抗悪性腫瘍薬と免疫調節薬
   L01 抗悪性腫瘍薬
     L01A アルキル化剤
     L01B 代謝拮抗剤
     L01C 植物アルカロイドとその他の天然物
     L01D 細胞障害性抗生物質と関連物質
       L01DA アクチノマイシン
       L01DB アントラサイクリンと関連物質 [dg:DG01682]
         L01DB01 ドキソルビシン [dg:DG00696]
         L01DB02 ダウノルビシン [dg:DG00697]
         L01DB03 エピルビシン [dg:DG00698]
         L01DB04 アクラルビシン [dg:DG00699]
         L01DB05 ゾルビシン
         L01DB06 イダルビシン [dg:DG00700]
           D08062  イダルビシン
           D01747  イダルビシン塩酸塩 (JP17) <JP/US>
         L01DB07 ミトキサントロン [dg:DG00701]
         L01DB08 ピラルビシン [dg:DG00702]
         L01DB09 バルルビシン
         L01DB10 アムルビシン [dg:DG00703]
         L01DB11 ピクサントロン [dg:DG00704]
       L01DC その他の細胞障害性抗生物質
     L01X その他の抗悪性腫瘍薬
   L02 内分泌療法
   L03 免疫賦活薬
   L04 免疫抑制薬
 
 M 筋骨格系
 
 N 神経系
 
 P 抗寄生虫薬、殺虫剤と防虫剤
 
 R 呼吸器系
 
 S 感覚器
 
 V その他

[ DRUG | BRITE | KEGG2 | KEGG ]
Last updated: May 18, 2020
According to WHO's ATC 2019
Japanese translation by Kanehisa Laboratories

» English version