KEGG   DRUG: カンゾウエキス
エントリ  
D06811            Crude     Drug                                   

一般名   
カンゾウエキス (JP17);
甘草エキス;
カンゾウ粗エキス (JP17);
甘草粗エキス;
Glycyrrhiza extract (JP17);
Crude glycyrrhiza extract (JP17)
成分    
グリチルリチン [CPD:C02284], グラブリン酸, リキリチン [CPD:C16989], リクイリチゲニン [CPD:C09762], イソリキリチン [CPD:C16978], イソリキリチゲニン [CPD:C08650], リコリシジン [CPD:C16986], グリシロール [CPD:C16968], ホルモノネチン [CPD:C00858], リコリコン, ポリアミン [CPD:C06702]
ソース   
Glycyrrhiza uralensis [TAX:74613], Glycyrrhiza glabra [TAX:49827]
コード   
商品 (mixture): D08697<JP>
効能    
鎮咳, 消化性潰瘍薬, 去痰
コメント  
マメ科ウラルカンゾウまたはネンキンカンゾウの根及びストロンかそれらの粗末に水を加えて浸出した液
主要成分: グリチルリチン [CPD:C02284]
肝保護作用. 抗アレルギー. 抗腫瘍活性
相互作用  

階層分類  
一般用医薬品の分類 [BR:jp08313]
 呼吸器官用薬
  26 鎮咳去痰薬
   D06811  カンゾウエキス (JP17)
 歯科口腔用薬
  73 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
   D06811  カンゾウエキス (JP17)
生薬 [BR:jp08305]
 双子葉植物:バラ類
  マメ科
   D06811  カンゾウエキス (甘草エキス); カンゾウ粗エキス (甘草粗エキス)
日本薬局方収載医薬品 [BR:jp08311]
 生薬等
  D06811  カンゾウエキス
  D06811  カンゾウ粗エキス
リンク   
CAS: 68916-91-6
PubChem: 47208462

» English version   » Back

DBGET integrated database retrieval system