ヘルプ
» English
KEGG icon

KEGG MEDICUS

お知らせ ICD-11 疾患分類の日本語版 (仮訳) を公開しました (2021/9/10)
     第十八改正日本薬局方 (JP18) に対応しました (2021/6/9)

KEGG MEDICUS は KEGG NETWORK/DISEASE/DRUG データベース (KEGG の Health information category) と、日本および米国の医薬品添付文書を統合したリソースです。ゲノムの情報と疾患との関連、医薬品の作用・副作用との関連、薬剤応答や薬剤耐性との関連などが蓄積され、研究者コミュニティだけでなく、一般社会にとっても有用なリソースです。

KEGG MEDICUS
ゲノム・ネットワーク・疾患・医薬品の統合リソース
KEGG NETWORK
KEGG DISEASE
KEGG DRUG
  medicus   医薬品情報検索
疾患情報検索
医薬品成分検索
医薬品相互作用チェック
KEGG お薬手帳


医薬品情報検索
KEGG MEDICUS 日本語版では KEGG DISEASE/DRUG データベース、我が国の医療用医薬品添付文書と一般用医薬品添付文書、米国の医療用医薬品添付文書を統合して利用できるインターフェースを提供しています。詳しくは医薬品検索の利用法をご覧ください。また医薬品情報の全体像については医薬品コードもご覧ください。
医薬品情報検索画面へ
疾患情報検索画面へ
医薬品成分検索
医薬品には有効成分の他に様々な添加物が含まれています。これがジェネリック製品の違いやアレルギー等の副作用にも関連します。KEGG では医療用医薬品添付文書に記載された添加物をすべて抽出してデータベース化しており、有効成分とともに検索することができます。詳しくは医薬品成分検索の利用法をご覧ください。
医薬品成分検索画面へ
医薬品相互作用チェック
入力した薬リストの中に併用禁忌や併用注意に該当する相互作用がないかをチェックするツールです。医療用医薬品と一般用の要指導医薬品および第1類医薬品が対象です。複数の薬リストを管理することができ、データはウェブブラウザのローカルストレージに保存されます。詳しくは医薬品相互作用チェックの利用法をご覧ください。
医薬品相互作用チェック画面へ
KEGG お薬手帳
KEGG お薬手帳は、個人が使用している医薬品のリスト管理するためのツールです。各医薬品は添付文書やKEGGの情報にリンクされ詳細を知ることができます。医薬品相互作用チェックツールと同様に、データはウェブブラウザのローカルストレージに保存されます。またデバイス間でのデータ共有も可能です。詳しくはお薬手帳のページをご覧ください。
KEGG お薬手帳を開く

  • 日本の医薬品添付文書情報は日本医薬情報センター (JAPIC) との契約に基づき提供しています。大量データの取得は禁止されています。大量のアクセスがあった IP アドレスは予告なしに使用停止になる場合があります。
  • 米国の医薬品添付文書情報は DailyMed データベースへのリンクとして提供しています。
  • KEGG MEDICUS は薬や病気に対する科学的理解を深めることを目的としたサービスです。実際の薬の使用は医師・薬剤師の指示で行ってください。


医薬品分類
KEGG では BRITE データベースの一部として、医薬品の様々な階層的分類体系が提供されており、KEGG DRUG D番号エントリとしての分類がなされています。この中でも実用上とくに重要な日本の薬効分類と WHO の ATC 分類については、あらかじめ添付文書または商品の情報を付加した BRITE ファイルから閲覧・検索ができるようになっています。
添付文書 (JAPICコード) の分類 商品 (YJコード) の分類 米国の商品 (National Drug Code) の分類

Last updated: August 10, 2021

Copyright 2010-2021 Kanehisa Laboratories